マイル系最強カードで16250マイルGET
マイラー最重要記事

バニラエアでJALとANAマイルをたった1クリックで貯める裏技的方法とは?

マイルの貯め方

LCCバニラエアにはJALやANAのようにマイレージプログラムがありません。

が、バニラエアを予約する時に誰でもANAとJALマイルを貯めることができます。

しかも1クリックするだけと恐ろしく簡単です。

国内の格安航空券、JALやANAなどの飛行機チケット予約を料金比較しながら検索できる

旅ナビ
エアータウン
トラベリスタ
エアトリ

などで、

マイルが貯めやすいポイントサイト経由でチケットを予約購入すればJALもANAマイルも貯めることができるんです。

バニラエアに乗る→×
貯まらない
バニラエアを予約→○
貯まる

飛んで貯まるフライトマイルではなく、バニラエアの予約によりマイルが貯まります。

この方法はデメリットもありますが、まずは最大のメリットである「マイルが大量に貯まる」方から初心者でも分かりやすく解説していきます。

2018年お勧め第1位 マイルの3~4重取りができるエアトリ

エアトリから航空券を購入するとマイルに交換できるエアトリのポイントが2%貯まります。購入するときマイル系クレジットカードで決済すれば、ショッピングによるマイルも貯まります。

まずこれでポイント(マイル)の2重取りです。

鉄人
鉄人

例えばJALカードならJALマイルが貯まるよね。

①クレジットカード利用=マイル
②エアトリ利用&交換=マイル

バニラエアでは関係ないですが、予約するのがJALやANAならフライトマイルも貯まります。

これで3重取りです。

①クレジットカード利用=マイル
②エアトリ利用&交換=マイル
③フライトマイル←追加

ここまでは誰でも理解できますが、ポイントサイトを経由して購入するとマイルや現金に交換できるポイントが貯まるんです。

ポイントサイトとエアトリのポイントはマイルに交換できるので…

マイル4重取りの成立です。

①クレジットカード利用=マイル
②エアトリ利用&交換=マイル
③フライトマイル=マイル
④ポイントサイト=マイル←追加

バニラエアの場合はフライトマイルがないから3重取りだね。

ポイントサイトはたくさんありますが、バニラエアでマイルを貯めるなら、モッピー 、ハピタスあたりが獲得ポイントが高額で最適です。

ハピタスやモッピーはバニラエアが激安だろうが獲得ポイントは変わらない

<ハピタスの画像>

国内航空券成約で1,500P」とは右側の黄色の「ポイントを貯める」からエアトリで国内航空券を購入すると獲得できるポイント数で、

1500P=1500円分です。

ハピタスポイントをマイルに交換する方法は複数ありますが1500Pを上手に交換すると、

ANAは1P=0.81マイルで
1,215マイル
JALは1P=0.5マイルで
750マイル
1500Pを交換した場合
最大交換レート81%
1215マイル
最大交換レート50%
750マイル

に交換できます。例えば、

バニラエア航空券2万円
ハピタスやモッピーで1,500P

の場合、

ANA、JAL両方のマイルに1.25%で交換できるSPGアメックスカードで決済して全てJALマイルに交換すると最大1,950マイルです。

ハピタス、モッピー 750~1,200マイル
エアトリ200マイル
SPGカード250マイル
合計1,950マイル
モッピーはJALのマイル交換キャンペーンで実質1P=0.8マイルで交換できるため750~1,200マイルとしています。

1番多くのマイルを獲得できるのがポイントサイトのモッピーやハピタスだね。

ポイントサイト経由エアトリのポイントは繰り返しもらえるということは…

ハピタスやモッピー経由のエアトリは「繰り返しOK」「リピートOK」と記載があるのにも注目してください。

バニラエアの航空券が2枚購入なら2倍の3,000Pってこと?

鉄人
鉄人

その通り。でも航空券を別々に購入しないと3,000Pにならないから注意してね。

1度に複数枚購入しても1500P。1枚購入しても1,500P。

もう少し詳しく言うと、片道でも往復でも1,500Pなので、別々に購入した方が2倍になるのでお得です。

片道航空券1人1,500P
片道航空券2人
往復航空券1人
片道航空券2人

1人でも2回に分けてポイントサイト経由で購入すると3,000Pってことね。

モッピーのエアトリには「リピートOKですが、1日1回まで」とありますので、少しめんどくさいですが、2枚なら2日に分けるか、購入する人ごとにアカウントを作るかした方が得策です。

100円とかならまだしも1500円は750マイル以上に確実になるのでデカイです。

ちなみにモッピーは別々のアカウントを作ってもポイントを移動できるポイント送金システムがあるので、一括してマイル交換できます。

獲得ポイントは変動しますが、1500P~1000Pあたりでハピタスは1500Pに安定しています。

バニラ予約でマイルが貯まるのはエアトリだけじゃない

エアトリ以外の他の格安航空券を扱う会社もポイントサイトの広告としてあります。

・エアタウン
・エクスペディア
・旅ナビ
・イーナ
・トラベリストなど

トラベリストも2,000Pになる日もあります。

ツアーなら、楽天トラベルやじゃらんなども..

海外航空券やホテル予約サイトも含めると、多分あなたが日頃お得だからと使っている予約サイトもあります。

バニラエアだけと言わず、ポイントサイト上手に使ってマイルをたくさん貯めましょう。

鉄人
鉄人

ハピタスもモッピーに登録がまだなら当ブログとコラボ企画中の限定ポイントもぜひもらってくださいね。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

JALマイルに交換することを1番に考えてるならポイント数は少ない時でもモッピーが実質交換レートが高いです。

ポイントサイトでまだ陸マイラーデビューしていない方は下記記事を読んで誰よりもお得に陸マイラー活動してください。

エアトリのような予約サイトのメリット・デメリットも少し見ていきましょう。

バニラエアでマイルを貯めるメリット・デメリット

メリット バニラエアより安い航空券発見 獲得マイルは同じ

エアトリのような予約サイトは、複数の航空会社を比較して1番安い航空券の予約ができるメリットあがあります。

エアトリなどで検索するとバニラエア以外のJAL、ANA、ジェットスターやピーチもヒットするので、料金比較して最安値や時間帯なども確認できます。

例えば、バニラエア人気路線の「成田ー那覇」探すと、ジェットスターとANAもヒットしますし、羽田も検索条件に入れるとJALなども表示されます。

公式サイトを1つずつ探す手間が省けるので、検索する時間がない忙しい方には便利です。

ただ手数料が発生するというデメリットもあります。

デメリット エアトリのバニラエア事務手数料は片道2,160円

エアトリや格安航空券を販売する会社は「事務手数料」などの名目で手数料が発生するんですが、

ちょっと高いんですよね…

手数料は航空会社によって違い、エアトリでバニラエアなら片道2160円です。

エアトリのバニラエアにかかる事務手数料

↑エアトリの事務手数料

で、バニラエア公式サイトで同一区間を見ると、航空代金は同じですが手数料は発生しません。

つまり、公式サイトから購入すると2,160円安いです。

 

↓バニラエア公式サイト(同一区間)

バニラ公式エアトリ
航空券11,380円11,760円
手数料&諸税380円2,160円
合計11,760円13,920円
差額2,160円

少しでも安く購入したいならエアトリなんかで検索して1番安い航空会社を見つけた後、公式サイトから購入って言う流れもありだね。

まとめると、エアトリなど航空券販売サイトのメリットは、

・マイルに交換できるポイントが貯まる
・ポイントサイト経由でも貯まる
・時間の節約になる

が、デメリットとして取扱手数料があるということです。

手数料級のポイントを獲得できるポイントサイトもある

colleee経由のエアトリは2,000円分

私はほぼ利用したことはありませんが、colleeeというポイントサイト経由のエアトリは1予約につき2,000円分なので、手数料分を引いて

僅か160円で1,000マイル以上貯まります。

全期間2,000円かは不明ですが中々の高還元ですね。

獲得ポイント数はモッピーやハピタスも変動します。

いつものお買い物もっとお得に!colleee

バニラエア予約で貯めたポイントをJALマイルに交換する

JALマイルに交換する

1万円分のポイントを貯めてマイルに交換する流れを説明します。

私が1番オススメのモッピーはJALマイルに2P(2円)=1マイルの50%で交換できます。しかし15,000P以上交換すると実質80%のレートで交換できるため2つの考え方をします。

・1P=0.52マイル
・1P=実質0.8マイル

10,000P=5000~8000マイル。

モッピーポイントをJALマイルへは直接交換です。

ハピタス、colleeeからJALマイル交換はドットマネー経由

ハピタスなどからJALマイルへは直接は交換できないので、1度ドットマネーに交換しますが手数料などは完全無料です。

2円分→1マイル

ポイントの半分50%がマイルとなります。

10,000Pなら5,000マイルの50%です。(colleeeも同じ)

モッピーからANAマイルに交換する

モッピーからANAマイルに高いレートで交換するには「ソラチカカード」というメトロポイントが貯まるANAカードが必要です。

ソラチカカードがない場合はTポイントなどに交換してANAマイルで2P=1マイルの50%です。

ある場合で最短でANAマイルに高い交換率で交換するなら以下のようになりますが手数料が10%発生します。

手数料を実質無料にするために一度面倒ですが、Gポイントを経由してLINEポイントに交換します。

ちなみに、ポイントタウンはLINEポイントに直接交換でき手数料無料です。

ソラチカカードがない場合
10,000P=5,000マイル(50%)
ある場合
10,000P=8,100マイル(81%)

ハピタスからANAマイルを高いレートで交換するにはもっと複雑

ハピタス、colleeeからANAマイルに交換するにはドットマネーではなく一度PeXに交換してLINEポイントに交換しますが、モッピーと同じくGポイントを経由するかで交換レートが違います。

Tポイント経由50%
PeX~LINE経由73.6%
PeX~Gポイント~LINE経由81%

ANAマイルをメインで貯めるならソラチカカードは持っていた方がいいね。

鉄人
鉄人

Gポイントへの登録も忘れずにね。

サイト名登録ポイント
 モッピー 最大1,300円
  ハピタス530円
  colleee なし
Gポイント50円

そもそもLCCバニラエアは格安か?JAL.ANA便との比較

そもそもバニラエアは本当に格安なのでしょうか?

わくわくキャンペーンなどの時は間違いなく激安ですお得でしょうが時期によって値段はまちまち。バニラエアが運行している路線ごとに比較してみます。

ローシーズンではなくハイシーズンで検証してみたいと思います。

バニラエア東京(成田)〜奄美大島と羽田〜奄美大島の運賃比較

鉄人
鉄人

まず一言。奄美遊びにきてね!

私の移住先である奄美大島も東京と大阪からJALとバニラエアで直行便が運行しています。鹿児島県の離島ですが方言も風習もバリバリの沖縄です。

できればルーツレゲエやボサノバ、ダウンテンポのチルアウトミュージックなんかスマホに入れておけば最高です。

観光客もまだ沖縄と違って少ないし観光地化もまだまだされてないので「南国でゆっくりしたい」方にはお勧め。

夏の繁忙期はサーフィンやマリンスポーツのアクティビティは充実してます。そしてできればハイシーズンである夏、もしくはシーズン前か後でも十分海を満喫できますので私が旅行するとしたら前後を狙います。

さて、話を運賃比較に戻します。

JAL/ウルトラ先得で普通席
往復40,180円

バニラエア コミコミプラン
往復19720円

バニラエアが2万円程安いですね。特典航空券だとB区間で1万5千マイル必要

バニラエア大阪(伊丹)〜奄美大島と大阪(関西)〜奄美大島の運賃比較

JAL/ウルトラ先得で普通席
往復31,000円

バニラエア コミコミプラン
往復14,760円

バニラエアが1.6万円程安い。特典航空券だとB区間で1万5千マイル必要

ん〜バニラエアの圧勝。

バニラエアとマイルまとめ

バニラエアはとにかく安いですが、実際にも搭乗して感じたのが、「座席がすこぶる狭い」。

まあ格安なので文句は言えませんが…

とは言え、バニラエアでもANAとJALのマイレージが貯まるのは間違いないです。

ちなみに羽田~奄美のJALのフライトマイルは先得で590マイル、大阪〜奄美で406マイル、これをふまえて考えると、手数料は勿体ないですが本来貯まるはずのないマイルがGETできます。

バニラエアでもしっかりマイルを貯めて、次は同一区間を「ローコストキャリア」ではなく「フルサービスキャリア」の旅をするのも悪くないですね。

 

バニラエアでもマイルが貯まるように「マイルの貯め方」は実はものすごく簡単です。

ぜひマイレージ生活を始めてみてください!

コメント